未経験から多摩市の老人ホームで働いた体験談

老人ホーム1

私はもともと介護の仕事に関心があったわけではありませんが、出産後なかなか仕事が決まらず、未経験でも挑戦できる介護の仕事に就くことにしました。誰でも採用されるという介護の仕事ですが本当に大変なのは働き始めてからともいわれています。

そこで、私のように無資格未経験で介護の仕事に挑戦したいという人のために、多摩市の老人ホームで未経験から働き始めた私の体験談を紹介します。

仕事がなかなか決まらず無資格未経験で介護の仕事に挑戦することに

私は、大した社会経験もなく20代前半で結婚し出産をしました。主人の仕事があまりうまくいかず、今後子供を育てていくためにも私も働かなければいけない状況になりました。まだ20代で住んでいるのも多摩市でオフィス街へのアクセスも良かったのですぐに仕事は見つかると思っていました。

ですが、現実は厳しく何の資格もなく経験も浅く、子持ちの私を雇ってくれるところはなかなか見つかりませんでした。ハローワークに何度も足を運び、最終的にすすめられたのが介護の仕事でした。もともと、おばあちゃん子だったので、高齢者と接することに嫌悪感などはありませんでした。

介護の仕事なら未経験から始めても資格をとりながらキャリアアップができると聞いて挑戦してみることにしました。

いろいろある介護の現場から老人ホームを選んだわけ

主婦で介護未経験から始める場合はデイサービスを選ぶ人が多いそうです。ですが、私は老人ホームで勤務することを選びました。デイサービスは確かに日勤が中心で介護度も低い人が多く、未経験者でも働きやすそうな職場です。

ですが、デイサービスでは介護の技術があまり身につかないという話も聞きました。私はせっかく介護の世界に挑戦するならいずれは介護福祉士やケアマネージャーなどの資格にも挑戦したいと考えていました。そのため、基礎からしっかりと教えてもらえそうな老人ホームに就職することにしました。

幸い、両親が子供の世話をしてくれるので夜勤や早出、遅出などのシフト勤務も可能だったことも理由の一つです。

無資格未経験で老人ホームの求人に応募した感触

老人ホーム3

家からなるべく近いところで求人を探していたところ、住んでいる多摩市内のまだ新しい老人ホームでスタッフ募集をしていることを知りました。古い施設よりも新しい施設の方が、しがらみなどもなく介護技術も最新のものが学べると思い、すぐに応募しました。

求人案内にも無資格未経験でも応募可能と書いてありましたが電話をすると、すぐに面接に来てほしいと言われました。今までは、まずは書類審査で履歴書を送付してそこで落ちることがほとんどだったので面接にきてほしいと言われただけで嬉しかったです。

面接では、なぜ未経験から介護の仕事をしたいのかと聞かれました。正直に、お金を貯めたいが仕事がみつからないこと、手に職をつけて長く働きたいことを話しました。面接をしてくれた施設長はそういう理由の人の方が長く続けられるので大歓迎だとその場で採用してくれました。

とにかく仕事が決まらず不安だったのでとてもうれしかったです。

初めての介護は体力より精神力が試される

老人ホームではまずは慣れるまでは、主に日勤の仕事をしました。指導係にベテランの介護士さんがついてくれました。まずは担当のフロアの入居者さんとコミュニケーションをとったり、食事介助や入浴介助、排せつ介助を行ったりしました。

施設によっては未経験でもいきなり介助を任せられるそうですが私が勤務したところは、きちんと指導係の人が教えてくれたので安心でした。入居者さんも初めは認知症などがあまり進んでいなくて性格も穏やかな人ばかりでしたので、すぐに親しむことができました。

20代の介護士はあまりおらず、かわいがってもらえました。肉体的にも負担のかからない介護方法を教えてもらったので、覚悟していた腰痛などにはなりませんでした。ですが、スタッフ同士で派閥があったり、軽いいじめのようなことがあったりして精神的にしんどいことがありました。

私自身は幸い指導係の人が人望のある人だったので、いじめなどはありませんでしたが、同じ時期に入った人は人間関係がうまくいかずすぐに辞めてしまいました。

無資格だった私が資格取得にチャレンジ

就職してすぐに介護初任者研修と実務者研修の資格を取りに行くように言われました。この資格があることで、できる業務も増えたり介護福祉士への足掛かりになったりもするようです。研修は外部施設で行われますが、研修時間も勤務時間になるのでラッキーだなと思いました。

半年ほど勤務の合間に研修に通い無事に資格を得ることができました。今後、転職することがあってもこの資格があることで就職先はすぐに見つかるのではないかという保険にもなっています。3年間の実務を積むことで、国家資格である介護福祉士にチャレンジできるようなので、それまではとりあえず今の職場で頑張ろうと思っています。

多摩市の老人ホームで働いて良かったこと

自然が多い地域にある老人ホームなので、入居者さんと散歩やレクリエーションで外出すると気持ちがいいです。会社の中でじっと事務作業をするよりも、体を動かして時々外にも出られる介護の仕事の方が自分には向いていたようです。

そして、やはり入居者さんからお礼を言われることがとても嬉しいです。中にはコミュニケーションが難しくて、暴言や暴力がある入居者さんもいますが、じっくりと関わっていくうちに笑顔が見られたり、優しい言葉をかけてもらえたりするようになりました。

入居者さんと仲良くなることで、もっと質の高い介護を学びたいというモチベーションにもなっています。

多摩市の老人ホームで働いて良くなかったこと

両親がいるため積極的にシフト勤務をこなしましたが、これはやはりきつかったです。特に夜勤は体が慣れるまではリズムが作れず大変でした。今はもう慣れたので、体力は大丈夫ですが年中無休なので家族と予定が合わず子供には悲しい思いをさせているかもしれません。

そのぶん給料は良いので休みの日は旅行やお出かけを楽しんでいます。また、住んでいるところの近くの老人ホームなので、時々知り合いの家族が入居していることがあります。トラブルなどがあると、気まずくなるので、もう少し家から離れたところでもよかったかなと思うことがあります。

無資格未経験でも問題なく働くことができる仕事

私が勤務している多摩市の老人ホームは、私の他にも無資格未経験で入職する人がたくさんいます。男性や40代以降から働く人もいます。介護の世界は、学ぶ気持ちさえあれば来る人をこばないと思います。また、自分の努力次第でいくらでもキャリアアップができる業界です。

万一、施設があわなくても、どこの施設も人手不足なので転職もそれほど難しくないので仕事探しで困っている人がいたら介護の仕事はおすすめです。